2016年08月01日

思いつくままつらつらと(カウンセラートレーニングの会)


image.jpeg


8月になってしまった!

先月もなんだかとても疲れていた月だった。
しかしなんだ、もうずっとそういってる気がするなぁ。
けどそんな中、休んだり少し頑張ってみたりしている。
誰もがきっとそうして過ごしているのよね。
…と、思いながら7月のカウンセラートレーニングの会へ参加した。
はたして皆んな疲れていた。
生きて会えて良かったと誰ともなく言いだすくらいの疲労困憊集団だったよ。

私もここぞとばかりに「疲れた」連発しつつ近況報告。
それでも内容は嫌な事ばかりではない不思議。
疲れていても楽しいことはあるし、楽しくたって疲れる。
誰でも何かしら大変で、何かしらの喜びがある。

今回気づいたことがあった。
トレーニングの会でのシェアは、人の気をひくためや自分が優位に立つためのものがない。
話し手は出来事をそのままに話し、感情あるいは感覚をそのままに伝える。
聴き手もまずはそのままに受け取る。
それだけ。
でもそれができない場の何と多いことか。
だからあの場は心地いいんだ。

「あなたのためよ」とかいう優しさぶった支配欲。
「自分はこんなにも苦しい」と不幸を盾にした支配欲。
その後に続く言葉は「ダカラ、ワタシノイウコトヲキイテヨ」なんだよな。
もうそんなのはやるのもやられるのもウンザリだ。

あとね、自分は幸せを語りながら人様の幸せを良かったと思えない状態は「自分見つめ」をするチャンスタイムなんじゃなかろうかホントは。などと思う今日この頃。
posted by 静 at 20:54| Comment(0) | 修行中