2015年08月10日

トマシーナ

ポール・ギャリコの「トマシーナ」を読んだ。

51wFnaK7DFL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg


片田舎の獣医マクデューイは動物に愛情も関心も抱かない。
一人娘メアリ・ルーが可愛がっていた猫、トマシーナが病気になったとき、彼は安楽死を選んだ。
そのときからこころを閉ざすメアリ・ルー。
町はずれに動物たちと暮らす〈魔女〉ローリとの出会いがトマシーナに新たな魂を与え、そしてふたりを変える。


と、いうあらすじが本の裏表紙に書かれていた。


神を信じず、人の想いよりも自分の理屈を優先するマクデューイに友人である牧師ペディが言う。

「愛の力というものは、自分に課せられた人生を歩む、その道程を少しでも耐えやすくしてくれるってことを、君は信じていないのかい?」

マクデューイは娘を愛しているが、それは失った妻への愛情を鞍替えしたもので、自己中心的だ。
だって、娘にとってあんなにも大切なトマシーナを簡単に、本当に簡単に奪ってしまうのだから。
自分がもう価値がないと判断したのだから、早く片付けてしまおう。それの何が悪いと。

様々な人の想いが存在することは彼にとっては重要ではない。

……もうね、マクデューイの、自分は何も間違っていないって様がね、苦しくて堪らなかったっす。
ふたりを変えるってあるけどさ、(と、あらすじに怒る(笑)
何が悪いかわかろうともしない人は決して変わらないんじゃないか。やっぱりそうなんじゃないか。
…と、えらい投影してしまい、あまりに苦しく重く辛いので、読み方としては邪道だろうが途中を飛ばして結末を見てしまった。

しかし、私にとってはそれがよかったみたいだ。
見た後は心穏やかに、途中のページに戻り読み進むことができた。

見えないものを信じようと信じまいとそういうものに様々な影響を受けて私たちは日々を過ごしている。
希望でも、絶望でも、それは自分が思うとおりに選択している。

ギリギリのところでも、人は気づけるし、変われる。

あぁよかったと読み終わりに心から思った。
posted by 静 at 21:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: