2015年08月13日

国立演芸場へ。

先日、友人と国立演芸場へ行ってきました。

落語です。
桂歌丸師匠の高座復帰初日。
お客さんではない方々がロビーにたくさんいて、大切な日だという雰囲気が漂っていました。

落語は普段私の周りにはありません。
知らない世界でした。
それでもとても楽しい時間を過ごし行けてよかったと思いました。

歌丸師匠の所作の美しさに目を奪われました。
一つ一つの積み重ねの賜物、まさに生き様を見せられたようです。

どうやら私は、古典芸能といわれるものにある伝統を守る姿勢とか覚悟とか、そういったものに対して心惹かれるようです。

舞台でひとりお話しされているのに、様々な場面や人物たちを感じ不思議な感覚でした。
ちょっとショック状態だったかも…な、フワフワした状態が家に帰ってからもしばらく続きました。
posted by 静 at 09:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: