2015年08月14日

日本武道館へ。

13日に星野源さんのライブに行った。

image.jpg

この方が作り出す音と言葉がとても好きだ。

ところで私は、観客がみんな揃って何かをするとか、ライブのお約束事とかが苦手である。
それ故に好きなアーティストでも家でDVD鑑賞でいいや、というタイプ。
が、源さんがリーダーであるSAKEROCKの解散ライブに行ってちょっと考えが変わった。
それは、基本、好きに過ごしてねっていうライブの終盤に、自然とみんなで歌った場面があり、その時なんだかジーンとして、あーいいなぁと思ったのがきっかけ。
武道館でもそういう瞬間があるんだろうなぁ…と、そんな気持ちを持ちつつの今回のライブ。

うん。楽しかった。
グッズなんかも今回は買っちゃうし。
とても楽しかったけど、なんかちょっとだけ違和感。

源さんは素晴らしかった。
アコギ一本で奏でる様々な音は心地よかった。
「くせのうた」を聴いたとき、ここにいられる自分幸せだぁと思った。

武道館でひとり遊ぶ源さんと一緒に遊んだ。
そんな感じ。
また、それぞれ好きに過ごすってのも変わらずだったように思う。
じゃ、なぜ違和感…。
観客皆好きに過ごすっていっても、共有する場にいるので、互いが楽しく過ごすための最低限のルールみたいなものがあるだろうと私は考えるのだが、最低限のルールってのも、きっと人によって違うんだよね。

声がけ一つとっても、私にとっちゃNGだ!と感じるものでも、そうではない人もいる。
たぶんそこらへんが違和感の正体。

だから楽しかったけど、あの「もうみんなっ!」ってジーンとしていいなぁと思う瞬間はこなかった。

同行者は別に気にならんかったらしい。
ホント人それぞれである。
posted by 静 at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: