2015年10月01日

私のための私なりの今の答え(カウンセラーズトレーニングの会)

9月の終わり。
トレーニングの会へ。
体が重い。
クラクラする。
つらいなぁと思いながら向う。
そうしたら、みんなそうだった。
同じなんだと安心する。

皆がこの1カ月の出来事をそれぞれ話す中で、先生のある方へのシェアに、ハッとした。
心に響いた。
先生のお話しを聴きながら、いろんな想いがこみ上げる。

昔から私は、何か挑戦する時、結果よりもその過程が大事なんだと思って過ごしてきた。
なので…。
結果に後悔しないよう、そこへ向かうまでを大事に。
自分が出来る時に出来ることを精一杯。
てなことを、子どもの試験前とかにもよく言っていた。
これはこれでアリだとは思うが、私の中で、【結果<過程】って、図式があるということは、結果を軽く見ているのもしれない。

一つの目標に向かって頑張った!
なんか結果出た!!
じゃ、次行くかー!!!
って、イメージが浮かんだ。

その浮かんだイメージに対し今の私は、
…なんだか疲れる、それって。
と、感じたのだった。

(あ、上手くいかなかった時のために、「結果なんて…」って、思ってんのか??
だとしたら、「結果」超気にしてるわ。きっと傷つきたくないんだな。)

…て、話しをトレーニングの会での場面に戻すと…。

その疲れるイメージが浮かんだ時、積み重ねた一つ一つが宝物のようなものと知ってるはずなのに、私はその宝物をどこに置いていたのだろうか…。と思った。

先生はそこを「蔵」と仰った。
そして「お米」というキーワードも出た。

自分と向き合い、一つ一つ考え、少しずつ気づくこと。
ある時は目標達成出来ずとも、行動したことでなにかしら必ずある成し遂げたこと。
そんな「積み重ね」という宝物が「お米」だろうか。

田畑ばかりに気をとられないで。
新米だけが米ではない。
蔵にも目を向けてほしい。
…というようなことを先生は仰った。

自分と向き合うこと。少しずつ気づくこと。
その努力は、作物を育てるため、田畑の土を整えたりいろんな準備をするかのようだ。
そして何かを収穫し、新しい蔵が増えていく。
結果が蔵だと考えれば、蔵はまさに自分の歴史そのものだ。
蔵が並ぶ様子を眺めた時、それまでの自分の歩みを想うだろう。
蔵の中身の出来映えは様々である。
古いものも新しいものもあるが、どれも変わらず宝物であり続ける。
誰かに献上する為のものではなく、質を評価してもらう為のものでもない。

どんな過程もどんな結果も価値のある愛おしいものなんだなぁ。
そうは思えない事柄でも。
時間が経ってその価値に気づくことだってある。
大事にしよう。
忘れないようにしよう。
そして増えていく蔵に、自分の歴史に誇りを持とう。
どれも自分を支え、助ける。
そして誰かの役に立つことがあるかもしれないのだから。

ほかの方へのシェアだったが、聴いていて私自身が腑におちることができた。
考える機会を与えられたシェアリングの時間。
先生、みんな、本当にありがとう。

あ、そうだった。
今月も孤独な小さいひとが私の心に登場して、おいおいまたかよという瞬間もあった。
…いつまでも保留にしとくわけにもいかんのだろうなぁ。
と言いつつ、まだ保留。

今回のワークはある方の提案から、それぞれ言われて嫌だと思った誰かとのやり取りをその時とは違うどんな方法があったのか、自分はどうしたいのかを仲間の再現にヒントをもらいながら考えるもの。
こ、これはゲシュタルトだ…と、ワークの時間がだいぶ経ってから気づく。(遅い)

そして、ワークの中でのやり取りを見て、怖い…と怯えた瞬間があった。
心理を学んでる時に同じように怖いと思ったことが頭に浮かんだ。
でもその事に関しては今は置いとく。(また保留かい。)

私のワークのお題に対しての仲間の対応は見事としか言いようがなかった。
素晴らしかった。
ありがたかった。
それぞれの感じ方、どんな言葉で、どんな態度で対処していくかを見せてもらいながら、自分の心の動きはもっともなんだと理解したり、頭のガチガチ加減があらためてバッチリあらわれヒョ〜となる。(謎)

それにしても、どんなパターンになっても、みんな迫真の演技だった。
上手すぎる。
感心して見てしまった。
私ももっと技を磨かないといけないなぁと一瞬考えたけど、いやいやオイラ女優じゃないし。
まあいいや。と考え直す。

今回もワークが終わった後に食べるピザは美味しかった。

それにしてももう10月とは…。
まぁ、焦らず楽しくやっていこう。
posted by 静 at 09:37| Comment(0) | 修行中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: