2015年11月25日

すべて意味のあること(カウンセラートレーニングの会)


11月のトレーニングの会

着いたら一番乗りだった。
ので、(…ということもないが)ある話を先生にする。
途中でAちゃんが到着。
もぉ聞いてよぉ〜的に話しを続けるとメッチャ共感してくれた。
ありがたいなぁ。

近況報告では、暗さの中に見えた明るさの話とか、物事の捉え方の歪みとか、自分が親から受け継いでいるものとかを話す。(こう書くとなんのことだかさっぱりわからんな。)

私はもう答えを急いで見つけようとは思ってないのかもなぁ。
そんなふうに今感じた。

仲間が、自分の話を聴いてくれて、それについての想いや考えを述べてくれることでの気づきはもちろん、他の人へのシェアからでさえ自分にとってのたくさんのヒントになる。
ひとりひとりが違うということは、たくさんの見方があるってことだ。
それを見聞きする機会があって、そこから何かを感じ取れない筈はないんだと思うからだ。


今回のワークは素敵なワーク。
以前やった時よりも素敵と思う度合いが自分の中でアップしてた。
おもしろい。

人はひとり。
でも、生きていく中でたくさんの人と関わり助けてもらっている。
そうしないと生きていけない。
それを体感するワーク。
今回の私はお助け隊の一人。

ワークをやって思った。
人の役に立つ事は嬉しいことだ。
誰かの助けになりたい。
それが好きな人、大切な人だったら余計にそう思う。
でも、私は自分で自分を支えることすら難しいと感じることがある。
そんな時は助けてもらおう。
立ち上がって進んでいくためにきちんと頼ろう。


「心」という器に「愛情」という水を注いでも、その器にヒビが入っていてはいつまでたっても満たされることはない。
ヒビがあることが不幸ということではない。
ヒビは直せばいいのだから。
直す方法もたくさんあるはず。
ただ、その器のヒビを直せるのは自分以外にいない。
それをしないでいることは幸福を遠ざけているように感じる。

水が器のヒビからどんどん漏れているのに、直さずに注ぎ続けることを求めたり、人の素敵な器を欲しがってばかりでは決して望む幸せは得られないだろう。

心には替えがない。

私の器はヒビだらけだ。
けれど、直したヒビのひとつひとつを愛おしく思う。
たくさん直してもまだ時折漏れるけど。
ま、ひとつひとつ取り組んでいくしかないのだ。

(……器とヒビがゲシュタルト崩壊した。(笑)


トレーニングの会が終わった帰り道、月がきれいだった。
みんなで月を見上げ笑いながら歩いていた。
Aちゃんが、あー幸せだと呟いた。
そうだね。幸せだ。と、私も思った。
posted by 静 at 22:47| Comment(0) | 修行中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: