2016年01月28日

ありのままのわたし(カウンセラートレーニングの会)

1月がもうすぐ終わるってことにびっくりしてしまう。

冬はどうもドンヨリと元気がなくなる私なのだが、教育分析とトレーニングの会には行こうと思う。
向かうまでがツラくても行けば必ず何かヒントをもらえるからだ。

昨年末から精神的に疲れた状態が続いていた。
ものごとを客観的に見づらくなっていて、そんな自分の心と向き合うこともイヤで他人のことばかりついつい気になってしまっていた。
何も考えたくない。
そんな感じで1月のトレーニングの会は参加した。
近況報告でもそう話した。
でも、自分にきちんと向き合っていますよ。というシェアをМさんからもらった。
イライラしたり、悲しかったり、情けないぁと感じた出来事が多かった1か月だったが、そうか、向き合えているのかと気づく。

今月のワークは癒しのワーク。
けれど、私は先生から説明を聞く時点で「できるかなぁ」「怖いなぁ」と思いドキドキする。
さらに自分だけでドキドキしてるのが不安で、隣に座っていたNさんを巻き込んでしまった。
反省。
このドキドキはともかく、不安や怖さは正しい反応ではないなぁ。
怖くないってことを本当は知っているからなぁ。
だからワークが始まったらもう不安も怖さもなくなっていた。
もう「こわいっ!」って条件反射なんだろう。
まぁ仕方ない。徐々にね。
けど、人を巻き込むのはやめよう。うん。

私は今回のワークでクライアント役を2回やらせてもらった。
私にとってとてもありがたいことだった。
ワークの前に、私にはセラピスト役はできないと思った。
けれど、クライアント役でセラピーを受けていた時に私は「なんでもできる。」と言った。
セラピスト役をする時になって戸惑う私に、今回のパートナーだったAさんと先生が、私の言った「なんでもできる」を繰り返してくれた。
ありのままの私はなんでもできると言っている。
おかげで、変な緊張をしないですんだ。
大切なことを忘れないでいられた。
私が何かをするわけではないんだ。
クライアント役の仲間を見つめて寄り添うだけでいいんだ。と。

そういえば、一番初めのエンプティチェアの実習の時、私はクライアント役はヤダ!って思ったのを今思い出した。
それだけ、自分の内面を見ることを恐ろしく感じていたんだな。
でも、セラピスト役ならできるって考えてたのか?!って、今、その当時の自分につっこみたい。とても(笑)

セラピーの終わりにパワーストーンをひとつ選んだ。
私の名をつけ、この子を大切にすると約束した。
そのパワーストーンを先生がとても大切にしていたと後で知った。
先生はいつも惜しみない愛情をもって私たちを信じ、見守ってくれている。
このことに感謝して応えるために、これからもまずは私自身を慈しみ、そして自分のできることをやっていこうと思うのだ。
posted by 静 at 22:54| Comment(2) | 修行中
この記事へのコメント
あの何とも可愛らしくポップで、それでいて上品なフローライトは手にした本人そっくりでした。
嬉しかったよ。あれに目を止めてくれて。
選んだものが自分。オーラソーマと同じ原理だね。
私、あの石、大好きなんだ。
ヒーリングや気付きや変容の石、それだけでなくて沢山の可能性を秘めているよね。

うん、何でも出来る。
Posted by かお兵衛 at 2016年01月30日 00:00
>かお兵衛さん

毎回貴重な体験の場をありがとうございます。

そして、コメントの内容が嬉しくて小さな私が小躍りしています(笑)

石を眺めては「なんでもできる。」と呟いています。(ちょっと怪しい…(笑)

Posted by 静 at 2016年01月30日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: