2016年02月10日

猫の話。私の話。


image.jpg


教育分析の話やピアノの話もしたいが、今日は猫の話。

週の始めにカッパちゃんという名のお外猫の写真展に行ってきた。
ねりまねこさんというかたのブログに登場するニャンコなのだが、人気者となり今や日本中で写真展が開催されている。
私の住んでいる所からも行けそうな場所で何度か開催されていたのだが、今まで行くことができなかった。
今回は絶対に行こう!と決めていたもののなかなか行かれず、最終日ギリギリセーフでようやく念願のカッパちゃん(写真だけど)に会うことができた。

開催会場はおしゃれなカフェで、飲食するとカッパちゃんの缶バッチプレゼントという素敵企画もあったのでそちらでランチをいただいた。
写真を眺めながら食べる美味しいパスタとコーヒーに大満足。

お店のかたに、猫が好きなのかと聞かれ、なんだかとても話しやすい感じだったこともあり、ウチに来るお外猫の話、我が家の猫となった横ちゃんの母さんとの出会いから仔猫の手術、横ちゃん出産、里親探し…と、一連の出来事を「一人で本当に大変だった。」と話してしまった。
お外猫達や横ちゃんは幸せですね、と言ってくれたことに対して、ヒトの都合でやってしまったことだけど…。と応えたものの、その言葉を聞いて報われたようで本当に嬉しかった。
幸せな気持ちで店を出てしばらくすると同行者が「一人で大変ってずいぶん力説してたね。」と言った。
それを聞いてハッとした。
おいおい、ちょっと待て。
私、一人じゃなかったじゃん。
とても大変ではあったが、気づかい、助けてくれる人が周りにたくさんいて感謝してばかりの日々だったよ。
なのに、なぜ孤独な悲劇の人みたくなってんだ。

それにはいくつかの要素あった。

カフェで私の話を聞いてくれたかたは、愛護団体の方だと思う。
愛護団体に対して私は複雑な想いをもっていた。
自分の知識、認識不足もあり、横ちゃんの兄妹猫捕獲の時、複数の愛護団体関係者の方々に相談したくても突き離された対応を受けたように感じ、不安感や失望感がずっとあった。
だが、その時の対応を今はもっともだと考えている。
が、そう考えつつもどうやら私はその時味わった衝撃を未だに結構引きずっていたんだな。

そのうえ今現在、体調不良+少々ネガティブ思考チックとなっている。
なんであれ大変というキーワードがあれば同じものにしてしまっている感がありありだよ。

だから、ここの所じんわりした大変クン(何それ…(笑)が漂い続けてるそこへ団体関係者ときて、過剰に反応し(私の衝撃とは全く無関係の団体の人なのに)
大変だったんだから!!
一人で!!(団体と私だけの世界になっとる。)
と、言いたくなってしまったんだろう。
甘えん坊だね。
…申し訳ない。

今の大変と過去の出来事は別問題なのに何ゴッチャにしとるんだ、ワシ。
まったく、余裕がないとマイナスばかりを拾い、関わりも何もなしで兎に角くっつけて「ネガティブ団子」作って闇雲に投げつけてやしないかい?
もうカフェの人、優しすぎて天使のようだよ。
みんな同じようにいろいろある。ってことと、出来ることをできるだけ。ということを良しとしている方なのだろう。
と、そこまで考え、当時の愛護団体の人達の忙しいそうで、とても大変そうな様子が頭に浮かんだ。
私と同じように体調不良で余裕がない状態だったかもしれない。
そうであればマイナス要素しか拾ってくれないかもなぁ。
で、「彼らにとっての面倒で最悪な事態団子」(長いよ(笑)の一部に瞬時にくっつけられて、それ勘弁!と考え、全力で投げてつけてくるかもなぁ。と、今までの納得とはまた別の側面からとても腑に落ちたのだった。

あの頃、自分にできることは精一杯やったつもりだ。
それで十分だ。

そして今自分が出来ることは、
出来る範囲でお外猫と関わり、活動している方々を私なりに応援していくことであって、人様の言動にこだわり続けることではない。
ネガティブ団子作りでもない。

人の話を聴けるというのは、そのスペースがなければ難しい。
スペースは自分を労わり大切にすることにより自分が作らないとできない。
そのためにはやっぱり自分のことをまず大事にしよう。
ここのところ様々なエピソードから自分を労わることが大切だという答えに何度も行き着く。

そして、いつも何気ない一言がとても大事なヒントになっている。
ありがたいなぁ。
そういった言葉たちをこれからも聞き逃さず丁寧に拾える私でいたいと思う。
【こころの話の最新記事】
posted by 静 at 22:09| Comment(0) | こころの話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: